函館


函館観光案内
函館ファンの為のプロフェショナルバージョン
函館観光案内
現場主義・リアリテイ追求・観光客の立場にたったサイト【WEB函館】 ハズしたらゴメン!!
趣味ではじめたサイト「WEB函館」が贈る函館グルメ・函館の観光,函館朝市など函館市場系情報サイト


●●● 函館の市場に並ぶエビ『ボタンエビ』 ●●●


【エビの王様 ボタンエビ】

やっぱり最後には、ここに落ち着く「ボタンエビ」です。

函館のボタンエビの旬な時期は、春と秋です。春は、オスのボタンエビ。秋は、子持ちボタンエビ。

透明感のある朱色に白い斑点がボタンエビの特徴です。

かなり鮮度がいいです。ボタンエビが、跳ねて跳ねてパックにきれいに収まりません。

鮮度が良いと透明感があり、白い斑点が冴えます。鮮度が落ちてくると頭が黒くなり、濁ったように白っぽくなります。

(函館朝市 丸信本間商店の店頭より)


エビの刺身とお頭のお吸い物!


高級寿司屋ならボタンエビ!


子持ちボタンエビ(活)
9月2日より11月10日までが旬!
森町 噴火湾産


ボタンエビ(活)
春が旬!3月前後
南茅部町 噴火湾産

実際、春、秋以外にも活ボタンエビが出回ります。夏場にもボタンエビがあります。
それは、大成町(日本海)で獲れたボタンエビなどです。

 

子持ちボタンエビの塩焼き 中島廉売市場 カニ専門店 クローバーの店頭より


自分で焼いてみましたが、特大サイズのボタンエビは、やっぱりお刺身でしょう!

 

中島廉売市場の上手な利用方法 PART1

函館
中島廉売市場は、安い!新鮮!

イカ刺し250円、小サイズのボタンエビ15尾で500円、ハセガワストアのご飯180円で作った私の晩御飯。

函館のどんな海鮮丼食堂だって、こんな”てんこ盛り” の海鮮丼は、出てこないぞ!

ましてや、海鮮丼のエビで”獲れたてのエビ”なんて、使っているのか疑問である。

これは、獲れたてのボタンエビ、獲れたてのイカ。

あ〜、旨かった!(イカが旨かった)


---------
このページを作るのに南蛮エビ(甘エビ)を食べたり、シマエビを食べたり、ボタンエビを食べたり、もう、エビは、当分、食べたくないのです。

マジ、イカが旨かったです!やっぱりイカは、函館ですね!
---------------------------------------------------------


観光ガイドブックしか知らない人は、観光名所の市場に行って、冷凍のエビを食べて満足していれば、いいのですが、WEB函館を知った人は、中島廉売市場の鮮魚店でエビを買って、ウニを買って、イカ刺し買って、ホタテを買って、獲れたてづくしの新鮮な自作海鮮丼にチャレンジしてみてください。

鮮度も、ボリュームが違いますから!

ただ、残念なことに、このご飯パックは、味気ない。そして、食べる場所も問題、食べる雰囲気って大事ですよね。

美味しさが、半減しちゃいそうです。(これ本当です!)

はじめての函館なら、観光名所の市場の海鮮丼食堂へGO!
これは、それに飽きた函館リピーター向けです!


私の購入先は、いつも決まって「佐々木鮮魚店」です!

*廉売なら、いたれりつくせりワサビ付きです。

*ご飯は、中島廉売市場 クローバー前から「徒歩5分」の所にハセガワストアがあります。そこでご飯を調達できます。



●●● ボタンエビの相場 ●●●

小さなサイズと特大サイズでは、価格に雲泥の差があります。

小さなサイズは、12尾程度で500円、特大サイズは、1尾250円から500円くらいします。

また、活ボタンエビと獲れたてのエビだけど市場ですでに死んだものでは、値段も違います。

写真は、メジャーで特大の長さを測っている所、約17cmあります。(通常、重さです。)





9月、10月、11月初旬に函館に来る人は、是非、「子持ちボタンエビ」に挑戦しよう!

3,4月に函館に来る人は、活ボタンエビに挑戦しよう!
卵に栄養を取られない分、春のボタンエビの方が美味しいという人もいます。

●●函館の市場 ボタンエビのおすすめ店●●


地元の人が買う市場は、あまり大きなサイズのボタンエビがない。
だから、中島れんばい市場では、小、中サイズのボタンエビが多い。

函館朝市には、特大サイズのエビある。

ちなみに函館朝市って、約300店舗あるみたいですが、私が興味のあるお店は、約10店舗程度。その中でエビのあるお店で言えば、丸信本間商店、弥生水産のこと。

写真は、銀座市場 マルカ伊藤のボタンエビのハカリ売り。レンバイに匹敵するほど安い。

春のボタンエビは、函館空港近くの川村鮮魚店が一押し!



●●ボタンエビの鮮度●●


エビは、鮮度落ちが早いです。
朝に生きていたエビでも、夕方には、頭が黒っぽくなってきます。

写真左は、約36時間、経ったボタンエビです。

36時間とは、生きたボタンエビを発送した場合、翌日に皆様のお手元に届くのと同じ時間です。

ただ、エビは、獲れたてより、死後8時間以上経った方が甘味がのります。

十分、お刺身でいけます。

●●船上急速冷凍 ロシア産ボタンエビ●●


年末などは、ロシア産の冷凍ボタンエビが主流になります。

もちろん、お刺身用です。十分、美味しいです。

そして、かなり大きいし、値段も高いです。

ただ、いくつかの観光客の多い市場では、このエビを解凍して、いかにも「旬です!獲れたて!」っ感じで
売っているお店もあります。

冷凍のエビは、冷凍の状態で買わないと美味しくないです。
冷凍、解凍を繰り返すと生臭くなります。


子持ちボタンエビ

 

 









個人的な趣味ではじめたサイトです!

リアリティ追求サイト!経験に基づいた私にとっての「真実」です。
皆様にその真実が合うかは、別です。



当サイトのバナーです。もちろん、、リンクフリーです。
どうぞよろしくお願い致します。

 

Copyright (C) 2008 WEB函館. All Rights Reserved.