函館発!獲れたてのイカ!漁師が獲った旬なイカ!
函館
函館のイカ
現場主義・リアリテイ追求・観光客の立場にたったサイト【WEB函館】 ハズしたらゴメン!!
趣味ではじめたサイト「WEB函館」が贈る函館グルメ・函館の観光,函館朝市など函館市場系情報サイト
 


【イカの鮮度と色】

市場に並んでいるイカで同じ大きさなのに値段の違うものがあります。

その値段の差は、主に鮮度の違いです。そして、イカは、鮮度によって、だいたい3段階くらいの色に分かれます。

イカの色でだいたいの鮮度を知ることができます。

イカの鮮度

イカは、鮮度の落ちやすい魚介類です。水揚げされてから、その状態によりどんどん色が変わっていきます。

海にいる時のイカは、透明です。水揚げされて時間が経つと茶色、こげ茶色になり、最後に白色になります。


函館のイカの色

イカの色

下記のイカの写真は、漁船のイケスから取り出し、セリにかけられる前のイカです!最高の鮮度、獲れたてです!

鮮度のよいイカ

透き通るようななんとも言えないきれいな色をしています。これが、獲れたてのイカの色です。
決して、白色じゃないです。
かなり元気が良く、動いているために箱から出ようとするイカもいます。水槽に入った活イカもこんな色です。

イカのベビー このイカは、まだ活きています。

少し茶色がかってきていますが、透明感もあり脈を打っていてす。店頭に並ぶイカとしては、最高の鮮度です。



そして、時間が経つと茶色になっています。 ↓

時間が経つと透明感もありますが、色が茶色になっていきます。
店頭で購入するには、十分すぎるほどいい色です。

主にお刺身用です。イカの加工するには、もったいない鮮度です。

市場のイカ

激安のイカ

さらに時間が経つとイカが、顔や足の辺りから白っぽくなっていきます。
身もペッタッとしてきます。ただ、写真のイカは、まだ茶色が残っているのでお刺身でもいけます。

イカ飯とか、イカの煮物など調理、加工するなら、十分すぎる鮮度です。
最後は、黒交じりの濁った白になります。

イカ

函館でこのレベルなら、お刺身じゃなくて、煮付けやお料理に使う鮮度です。

函館のイカ
ここまで白くなるとイカの値段もグッと下がります。
店頭に並ぶ鮮度の良いイカは、茶色であり、白じゃないんです。

イカ

水槽の中のイカです。もちろん、同じ真イカです。
でも、色が違いますね!
左写真の透明なイカは、海にいるときと同じ色です。右の写真は、茶色ですね。少々、ストレスを感じているようです。

ヤリイカ
真イカ




 



個人的な趣味ではじめたサイトです!

リアリティ追求サイト!経験に基づいた私にとっての「真実」です。
皆様にその真実が合うかは、別です。



当サイトのバナーです。もちろん、、リンクフリーです。
どうぞよろしくお願い致します。

 

Copyright (C) 2008 WEB函館. All Rights Reserved.